ブルーライトの軽減効果

毎日パソコンやスマホを見続ける人の中には、目が疲れやすく困っているケースが少なくありません。そのような悩みは、パソコン用メガネで解決できる可能性があります。目の疲れの原因の一つがブルーライトと言われており、パソコン用メガネはこのブルーライトを軽減できる性能があります。一般的なメガネにはブルーライトを軽減する効果は期待できないので、パソコン専用のブルーライトメガネにするのが良いと言えます。ブルーライトは波長が長いので、散乱しやすいという特徴があります。それが画面のチラつきや眩しさに繋がり、ピントを合わせづらくなります。眼球はなんとかピントを合わせようとするので、目の疲労が蓄積します。また、そもそもブルーライトは光エネルギーが高く、目に負担をかけるものです。これらが合わさって、眼精疲労につながっていきます。

パソコン用メガネの使い方

パソコン用メガネは、種類によってブルーライトのカット率が異なります。一般的には、カット率が高い方が眼精疲労などの蓄積度合いも少なくなるとされます。但し、パソコン用メガネを一日中つけると、睡眠障害につながる可能性があります。ブルーライトは太陽光にも含まれており、人の生体リズムや睡眠リズムを司る役割を果たしています。日中にブルーライトを一定量浴び、夜間にシャットアウトすることが眼の健康にとっても相応しいことです。そうしたことから、パソコン用メガネは主に夜間作業で使用するのが良いと言えます。日中はむしろ太陽光のブルーライトを浴びる時間を設け、眼の方は適度に休ませることが大事です。パソコン用メガネは、紫外線対策として使えるのもメリットです。

眼鏡のフレームとして使われる素材は様々な種類が存在しますが、中でもセルロイドという素材は耐久性の強さや独特の光沢による見た目などが理由で昔から根強い人気があります。